何をしてもうまくいかない時があります。

そんな時、ホロスコープを見てもらう機会がありました。ホロスコープとは、その人にとってのある瞬間の惑星の位置を示した図なのだそうです。

 

なんと、衝撃的でした。あまりにも、いろんなことが当てはまっていたから・・・汗

そして、何をしてもうまくいかない時期は誰にでもある。でも、そんな時、自分はダメだって思ったり、逆に正当化したり、また、人のせいにしたりしなくてもいいんだって……。

だって、どうしようもないから。

 

そして同時に、人生には設計図がある。でもそれに肉付けしていくのは、日々の行いであることを感じました。

 

例えば

日々、丁寧に糸を紡いでいって人生の集大成に素敵な織物ができるか、それとも安っぽい布ができるのか自分次第であること。そんなことを想像して、とても感動したことを覚えています。

 

 

生きていること

嬉しい、楽しい、悲しい、寂しい、さまざまな感情を全部受け止めて日常生活を丁寧に暮らしたい。(糸を紡ぎたい)

 

そして

 

映画「隣る人」は、日常生活の大切さを感じる映画だと思っています。

6/24(日)に上映会がありますので、気になった方はぜひお越しくださいませ。

花 詳細はこちらです 花

主催:はーもにーぷれいす
後援:市川市
開催日:2018年6月24日(日)
時間:13:00~受付/13:30~開始
場所:全日警ホール 第3会議室
  (京成八幡駅より徒歩5分)
参加費:1000円(高校生以下 500円)
※赤ちゃん連れの参加も歓迎!(3才以下無料)

花お申込み方法はこちら花

①tonaruhito.ichikawa@gmail.comまでメール送信
お名前・電話番号・人数(大人・子ども)

②以下のURLからお申込み
http://harmony-place.com/tonaruhitoichikawa/