10/5(木)の「早川菜々のこころ教室」では子育て困難についてお伝えしました。

デジタル機器を1人1台持つのが当たり前の現在……。家族が揃ったとしても、会話をすることもなく、スマホの画面ばかりみているという場面も珍しくなくなってきました。日本の子どもの3人に1人が孤独を感じているという調査結果もあります。孤独になりやすい社会環境の中、発達障害、不登校、子どものうつ病、思春期やせ症などの問題を抱える子ども達も増えてきています。

発達に凸凹があれば子育てに困難を生じます。母子家庭、父子家庭、貧困家庭……格差社会が進めば誰にとっても子育てに困難が増えてきます。

「放っておけば子どもは育つというのは遠い昔の話になりました。全ての大人が力を寄せ合って保護者を助け、子どもを守り育てる時代になってきました」と早川さんはいいます。「子どもと親に必要な支援を受けやすい社会になってほしい」そんな想いを込めて、これからも番組作りをしていきます。

今、子育てをしている人たちに聴いてほしい。

そのためにできることをしていきたいなぁ…と思います。

いえ、していきます(`・ω・´)