仕事に、育児に、保護者同士の付き合い……。子育てママの一日は忙しそうです。

時短勤務で帰っても、子どものお迎え、食事の支度、とやることは山積みです。なのに、同僚からは「いつも早く帰れていいね」と厳しい目で見られることも。

「権利を主張するなら義務を果たせ」というふうに考える人もいます。

だから何でも完璧に、迷惑をかけないように気をつかってしまいます。

外出した時も気が抜けません。

特に赤ちゃんを連れてのお出かけは大変ですよね。

そんな中

ウーマンエキサイトで赤ちゃんの泣き声を温かく見守っている人を可視化する「泣いてもいいよ!」ステッカーを、賛同企業が運営する全国70店鋪で無料配布するという「WEラブ赤ちゃん」プロジェクトを展開しているそうです。(数に限りがあるので、ステッカーの配布は終了しているかもしれません。。。)

「その泣き声、わたしは気にしませんよ」と思っていても、なかなか声に出して伝えるのは難しいものですよね。

誰にでも赤ちゃんの頃はあったはず。

お互いさまの気持ちを忘れずにいたいですね。