私は要領の悪い子だったので、集団で何かをするということが苦手でした。ですので、周りの何でもテキパキできる子ばかり褒められているのを見ると劣等感で一杯だったことを思い出します。

 

でもなぜか、”できる人”になろうと頑張ろうとすると無理をしているような気がして、苦しくなったのを覚えています。

 

社会に出ると、「自分を変えよう!」とか「成功しよう!」とか、自分は人とは違った特別な人間になれると思いこもうとしている人たちがたくさんいました。

 

でも、無理して作り上げた自分は、本当の自分なのかな?といつも疑問でした。

 

 

先日、聖路加病院の日野原先生が105才で、ご逝去されました。

 

日野原先生の「君たちに伝えたいこと」というメッセージが小学6年生の教科書に載っています。

 

その中で

 

ここから引用-----------------------------------–

 

成功して喜びでいっぱいになっているときの君も

失敗してなみだを流す君も「君」です。

 

どんなときの自分も大事にすること。

 

自分のことをいつも大好きだと思っていること、これはとても大切なことです。

 

-----------------------------------–ここまで引用

 

という一文があります。とても好きな言葉です。

 

等身大の自分を大切にすると、等身大の自分を好きになってくれる人が必ず現れます。無理に自分を変えて大勢の人に支持されるよりも、等身大の自分を好きになってくれる人が一人でもいたら幸せだなあと思うのです。

 

等身大の自分が好きなことに挑戦する。

 

等身大の自分を認めること、信じることが、自信をつけることにつながるのかもしれませんね。

 

ゆっくりと想いが伝わったら、それでいいかなと思います。

 

すずめより

 

花花花花花花花花花

 

市川うららFM

『はーもにーぷれいす』は、第1、第3木曜日18:30~19:00 放送です。

 

過去放送

なんと!いつでも、どこにいても、過去の放送がインターネット(PCのみ)で聴けます。

 

番組を制作しているのはマンティーコーポレーションです(^^♪

マンティーコーポレーション