インターネットの発達やIT機器、AI(人口知能)の進化……。

社会が便利になっていくのはよいことですが、めまぐるしく変わっていく世の中についていけない人もいるかもしれませんね(n´・ω・n)

 

そんな中

 

今の子どもたちが大人になる頃には、およそ50%の仕事がコンピューターによって自動化されるともいわれています。

 

社会の大きな変化によって、当然、未来を生きていく子どもたちに求められるチカラも変わってきます。

 

「不透明な時代をたくましく、しなやかに生きていく人材を育てるために、学校教育を進化させていく」という考えのもとで、教育改革が進められ、2020年度から新しい学習指導要領が実施されます。

 

「今の子供たちの 65%は、大学卒業時に、今は存在していない職業に就く」、「今後 10~20 年で、雇用者の約 47%の仕事が自動化される」といった予測もあるように、将来の変化を予測することが困難な時代を生きる子供たちに対しては、社会の変化に受け身で対処するのではなく、自ら課題を発見し、他者と協働してその解決を図り、新しい知・価値を創造する力を育成することが喫緊の課題である。

 

そのためには、子供たちに「何を教えるか」だけでなく、子供たちが「どのように学ぶか」という視点が重要であり、「アクティブ・ラーニング」の視点5で授業を改善し、課題の発見と解決に向けて主体的・協働的に学ぶ学習を充実させていくことが求められている。併せて、学校現場においては、ICT(情報通信技術)等も効果的に活用しながら、その指導方法の不断の改善を図ることが必要となる。

 

※ 文部科学省の教職員等の指導体制の在り方に関する懇談会提言より

 

 

これからの子どもたちに求められているのが21世紀型能力と呼ばれるチカラだそうです。

 

今までの

 

1基礎力

 

2思考力

 

これに加えて

3実践力

 

社会の変化に受け身で対処するのではなく、自分から進んで課題を発見し、ほかの人と共動して可決を図り、新しい価値を創造するチカラが必要になるのだそうです。

 

これからは、ただ覚えるだけではなく、自分で考えて行動するチカラやコミュニケーション力も必要……。

 

そのためには

 

もちろん私たち大人も柔軟に変わっていかなくてはなりませんね。

 

カイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレカイワレ

 

fmうらやすHP

『HarmonyPlace』は、第1、第3木曜日18:30~19:00 放送です。

 

過去放送

なんと!いつでも、どこにいても、過去の放送がインターネット(PCのみ)で聴けます。

 

番組を制作しているのはマンティーコーポレーションです(^^♪

マンティーコーポレーション