基礎学力といえば昔から「読み、書き、そろばん」と言われたものですが、これからグローバル社会で求められる「基礎学力」は、ちょっと違うようです。

 

これから求められる「基礎学力」には、「言語スキル」、「数量スキル」、「情報スキル」が含まれているといいます。

 

グローバル社会に伴い、言語スキルには今までの「国語力」だけではなく「英語力」も含まれます。そのため2020年の教育改革では、小学校3、4年生から「外国語活動」が始まり、5、6年生では「教科としての英語」が必修になります。

 

ただ読み書きできればよいというわけではなく

 

”国も文化も歴史も言語も違う人々が協力し合って問題を解決していく力”が必要になると言われています。

 

言葉が通じない相手とでも、お互いに尊重し合い、価値観を認め合う姿勢やコミュニケーション能力や主体的な学びの姿勢が大切になるそうです。。。

 

教える側の教師も試行錯誤しながら、子ども達と一緒に学んでいかなくてはなりませんね。

 

時代によって学習指導要領が変わっていく中

 

学研教室では創設以来36年間

 

未来で子どもが活躍するために必要な「自ら学ぶ力」や「考える力」を伸ばすことを目標に取り組んできました。

 

「HarmonyPlace」では、学研教室の先生に”これからの子どもの教育”についてお聞きし、伝えていきたいと思っています。

 

よろしくお願いしまするん♪

 

 

fmうらやすHP

『HarmonyPlace』は、第1、第3木曜日18:30~19:00 放送です。

 

過去放送

なんと!いつでも、どこにいても、過去の放送がインターネット(PCのみ)で聴けます。

 

番組を制作しているのはマンティーコーポレーションです(^^♪

マンティーコーポレーション